東南アジアへの支援・募金・収集・ボランティア・交流
南東アジア交流協会|東南アジアへの支援・募金・寄付・ボランティアのSAEA-JAPAN|

サエア・ジャパン

ボランティアの支援背景

ボランティアの活動内容

ボランティアの活動報告

ボランティアの今後の活動

国際協力活動に参加

会員募集

南東アジアへの募金・収集

ボランティア参加募集

お問い合わせ

南東アジアへのお問い合わせ

関連リンク
国際協力NGOセンター
外務省・国際協力・ODA
外務省HPミャンマー
ワン・ワールド・フェスティバル
(財)京都府国際センター
京都市市民活動総合センター
関西国際交流団体協議会
 
運営元
SAEA-JAPAN
特定非営利活動法人
サエア・ジャパン

【本部事務所】
〒572-0011
大阪府寝屋川市明徳2-7-5-403
TEL/ 072-888-2372
E-mail/ info@saeajapan.jp

【ヤンゴン連絡事務所】
637-A, Dhamayone Rord, 10Qr, Hlaing Township, Yangon, Myanmar.
TEL/ 95-5-73059766

最新情報
TOPページ > 最新情報

最新情報: 27.May 2011


「ダマティディ僧院付属タケタNo.6小学校・竣工式並びに引き渡し式!」

ODAJapan

5月10日(火)午前9時00分から僧院本殿において式次第に基づき竣工式並びに引渡式執り行った。昨日までの雨天が嘘のように晴天になった。
ミャンマー連邦政府を代表してヤンゴン管区(外務、教育、厚生、入管担当)U Nyan Tun Oo大臣から新校舎完成を祝してスピーチされた。
日本を代表して在外公館日本大使館鈴鹿参事官が日本政府のODA(政府開発援助)支援金を基に新校舎が完成したとスピーチされた。
南東アジア交流協会を代表して橋常務理事が、今日に至る経緯も含めて挨拶した。僧院学校管理委員会を代表してU Thi Han会長が謝辞を述べられ、
工事関係者へ記念品が贈呈された。
式典後、新校舎のお披露目をU Nyan Tun Oo大臣、鈴鹿参事官、橋常務理事よるテープカットが行われた。式典でスピーチした方々が順にODAプレートを仏式に乗っ取って清めた。
式典出席者による新校舎内を見学した。真新しい教室には児童が席に着いていた。式典後、僧院本殿2階大広間において軽食によるパーティが開かれた。
総事業費の内外務省「日本NGO連携無償資金協力」ODA支援金11,109,397円で以て開発事業を推進した。
式典前日9日(月)には、新校舎完成をKTT社 Kyaw Thura Thet社長、現場主任、Maung Maung Thine監査人、僧院学校管理委員会、南東アジア交流協会橋常務理事立会の下、竣工検査を行った。無事故で何ら問題は無かった。

 




TOPページ支援背景活動内容活動報告会員募集
募金・収集参加募集お問い合わせ


copyright(c)SAEA-JAPAN
ホームページ作成 WEB制作 大阪